読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロプログはてな支部

旅先で撮ってきた写真を貼っていくよ

暑いので冬の東北旅行で撮ってきた写真を貼ってくよ その2

写真 旅行記

f:id:ropross:20150807095434j:plain

暑い日が続いているので、冬の東北旅行を思い出して涼を得ようという記事の続きです。

前回はフェリーで秋田に入り、角館で「火振りかまくら」を見たり、横手でかまくらを見たり、湯沢で「犬っこまつり」を見たりしたときの様子をお伝えしてきました。

今回は、鳴子温泉郷で湯巡りしたり、憧れの銀山温泉に行ったときの写真を貼っていこうと思います。

 2月16日(5日目)

f:id:ropross:20150807094912j:plain

「道の駅おがち小町の郷」で見つけた

ババヘラミルキーなんてあるのかw

 

f:id:ropross:20150807094918j:plain

秋の宮温泉郷の「鷹の湯温泉」で日帰り入浴

この内湯の秘湯的雰囲気がたまらない

f:id:ropross:20150807094923j:plain

露天風呂の環境も素晴らしい

お湯は食塩泉なので、湯上がりもぽかぽか

f:id:ropross:20150807094925j:plain

雪をかき分けた先にある野趣満点の混浴露天風呂

f:id:ropross:20150807094928j:plain

クルマ雪に埋まっとるー

 f:id:ropross:20150807094933j:plain

秋田と宮城の県境を越えて鳴子方面へ

鳴子ダム。日本人技術者のみの手による初のアーチ式ダムなんだとか

f:id:ropross:20150807094930j:plain

雪に囲まれたダム湖も美しい

f:id:ropross:20150807094940j:plain

ダムカード貰ってきた

放水してるときにも見てみたいなー

f:id:ropross:20150807094937j:plain

鳴子の温泉街にある洋食店「銀の匙」でチキンカツ定食をいただく

ボリュームあって、ジューシーで美味しい

こういう店、近所に欲しい

f:id:ropross:20150807095006j:plain

この日の宿、東鳴子温泉の「旅館大沼」へ

f:id:ropross:20150807094943j:plain

部屋はシンプルな和室

f:id:ropross:20150807094946j:plain

この宿には8ヶ所も浴室があるんだけど、まずは離れにある貸切露天風呂へ

貸切湯にしては広めで、趣も泉質も素晴らしい!

f:id:ropross:20150807094950j:plain

壁に天女の描かれた大浴場

f:id:ropross:20150807094952j:plain

別館の4階にある貸切湯

一つの宿の中で湯巡りできるってのはいいねー

f:id:ropross:20150807094955j:plain

夕食は「一汁三菜プラン」ってのにしたので、素朴だけど身体に優しそうな感じの品々

動物性のものが全くなくて、まるで精進料理のよう

最近はありきたりの旅館料理よりも、こういった品揃えのほうがいいと感じるようになってきた

f:id:ropross:20150807094957j:plain

寝る前に温泉を湯たんぽに入れてくれるというありがた嬉しいサービスも

2月17日(6日目)

f:id:ropross:20150807095001j:plain

朝食もヘルシーな品々が並ぶ

f:id:ropross:20150807095004j:plain

宮城の宿といったらしそ巻きだよな!

これでごはん何杯でもいけちゃいそう

f:id:ropross:20150807095012j:plain

この日は鳴子温泉郷で湯巡り

まずは鳴子温泉の「東多賀の湯」へ

浴槽も床も木造りの雰囲気のいい浴室

お湯は白濁した硫黄泉が、ざぶざぶと掛け流しになってる

これぞまさに正しい温泉!といった風情だね

f:id:ropross:20150807095009j:plain

ケロリン桶の元の色がわからなくなるくらい、温泉成分が付着してる

すごいね、この成分の濃さ

f:id:ropross:20150807095017j:plain

鳴子は電話ボックスにもこけし

f:id:ropross:20150807095026j:plain

続いて訪れたのが、東鳴子温泉の「いさぜん旅館」

混浴の内湯では、鉄鉱泉と珍しい炭酸泉の二種類のお湯を楽しめる

炭酸泉は肌に泡が付き、ふわふわとした独特の肌触り

f:id:ropross:20150807095030j:plain

この宿からは激しい猛虎魂を感じる

f:id:ropross:20150807095035j:plain

浴室にまで溢れる猛虎魂

六甲おろし」が頭のなかに流れてきそうな勢い

f:id:ropross:20150807095020j:plain

宿の外にいた野良猫さん

f:id:ropross:20150807095023j:plain

宿の中でカリカリを食べる飼い猫さん

こんなところにまで格差社会が!

f:id:ropross:20150807095042j:plain

次に訪れたのは、鳴子温泉の「旅館すがわら」

ここのお湯はとてもキレイなコバルトブルーときいて来てみたんだけど

日によって色が違うらしく、この日は薄いグレーだった

むー、残念

f:id:ropross:20150807095046j:plain

露天風呂のお湯も透明だった

でも、美肌成分のメタケイ酸が500mg/kgと多く含まれていて

肌触りもすべすべのいいお湯でした

f:id:ropross:20150807095049j:plain

鳴子名物の栗だんごを、発祥の店「深瀬」でいただく

前は持ち帰って食べたんだけど、やっぱりあったかいほうが断然美味しい

f:id:ropross:20150807095053j:plain

あんまりデラックスには見えない

f:id:ropross:20150807095100j:plain

温泉付きアパートって羨ましすぎる

f:id:ropross:20150807095106j:plain

この日の宿は川渡温泉の「山ふところの宿 みやま」

茅葺屋根の主屋は、国の登録有形文化財になってる

この建物に泊まれるわけじゃないけど

f:id:ropross:20150807095112j:plain

部屋は落ち着いた雰囲気の和室

とても居心地がいい

f:id:ropross:20150807095117j:plain

さらに川渡温泉の「藤島旅館」に入りにいく

渋すぎる外観にシビれるわー

f:id:ropross:20150807095125j:plain

ロビーにサンドバッグが設置されてる温泉宿って初めて見たわw

f:id:ropross:20150807095129j:plain

お湯は重曹と芒硝を含む硫黄泉で、美しい鶯色の濁り湯

おー、いいねいいねー、この色

f:id:ropross:20150807095148j:plain

宿の夕食

昨日の「大沼」と同じく、素朴な品揃えで派手さはないんだけど、しみじみと美味しい

高級旅館の贅を尽くした料理もいいけど、こういう優しい田舎料理も

ありがたく感じるようになってきた

f:id:ropross:20150807095145j:plain

宿のお風呂は内湯が一つあるだけのシンプルなもの

木のいい香りに満たされている

お湯は弱アルカリ性単純温泉だけど、お湯はもう黒に近いほどの色濃さ

湯温は低めでゆっくりと入っていられるのがいいね

はー、よきかなー

2月18日(7日目)

f:id:ropross:20150807095151j:plain

宿の朝食。笹かま、しそ巻きといった郷土の味覚に温泉卵

そうそう、こういうのがいいんよ、温泉宿の朝ごはんは

わかってるなー

f:id:ropross:20150807103928j:plain

そして温玉ごはんっ!

やっぱ温泉の朝食には温泉卵がないとねー

f:id:ropross:20150807095155j:plain

オサレモダンなパブリックスペース

いい感じなんだけど、暖房入ってなかったので、寒くてとても長居できなかった

f:id:ropross:20150807095158j:plain

宿をチェックアウトし、中山平温泉の「しんとろの湯」へ

施設自体はどうってことないんだけど、絶品なのがそのお湯

pH9.4の高いアルカリ性で、重曹分や美肌成分のメタケイ酸もたっぷり含んでいて

とろっとろの湯ざわり

これは素晴らしい!

 

鳴子温泉郷だけで、白・黒・グレー・緑・透明といろんな色のお湯に入ってきた

泉質の多様性鳴子温泉郷の魅力だよね

全部で11ある泉質のうち9種類が湧いているんだとか

これだけバラエティに富んだお湯が楽しめる温泉地は、ここと別府くらいかなー

f:id:ropross:20150807095201j:plain

山形県に入り、憧れの温泉地、銀山温泉

温泉街にクルマは入ることができないので駐車場から歩いてく

f:id:ropross:20150807095205j:plain

足湯があった

だれも入ってなかったけど

f:id:ropross:20150807095211j:plain

うおおー、これこれ!

川の両側に大正から昭和初期にかけて建てられた豪壮な木造建築が立ち並ぶ

まるで異世界に迷い込んだかのような雰囲気

この光景が見たかったんよー

f:id:ropross:20150807095218j:plain

その中でもひときわ目を引く重厚な建物が、この日のお宿「能登屋旅館」

f:id:ropross:20150807095223j:plain

なんという威厳ある佇まい

f:id:ropross:20150807095326j:plain

と、思ったら、外観とは違って中は普通の近代的な感じ

f:id:ropross:20150807095254j:plain

通りに面してるほうは、まずまずの雰囲気

f:id:ropross:20150807095259j:plain

部屋は温泉街に面した二間続きの和室で、歴史を感じさせる落ち着いた空気

f:id:ropross:20150807095304j:plain

もちろん広縁もあるよ

f:id:ropross:20150807095307j:plain

窓からは温泉街を眺めることができる

f:id:ropross:20150807095234j:plain

一休みしたところで温泉街を散策

泊まってる「能登屋旅館」以外にも、豪壮な建物がいくつも並んでる

f:id:ropross:20150807095237j:plain

「古勢起屋別館」

この建物もカッコいい

f:id:ropross:20150807095228j:plain

温泉街にあった店で、人気だというカレーパンをもぐもぐ

f:id:ropross:20150807095244j:plain

名物の立ち食い豆腐

おお、ふわとろで美味い

f:id:ropross:20150807095249j:plain

宿で無料券を貰って、共同浴場「しろがね湯」に入ることに

f:id:ropross:20150807095320j:plain

変わった形の内湯で、お湯はほのかに硫化水素臭のする含芒硝-食塩泉

f:id:ropross:20150807095315j:plain

宿に戻って温泉に入る

浴場はさらに新しくてピカピカ

f:id:ropross:20150807095311j:plain

檜の露天風呂

新しすぎて、歴史ある宿にしては趣にやや欠けるのが残念

f:id:ropross:20150807095330j:plain

夕暮れ時に、さらに温泉街をお散歩

f:id:ropross:20150807095342j:plain

宿に明かりが灯っていい雰囲気になってきた

f:id:ropross:20150807095350j:plain

傘を差す浴衣姿の男子4人組

いいねー、絵になるよー

f:id:ropross:20150807095359j:plain

f:id:ropross:20150807095406j:plain

f:id:ropross:20150807095415j:plain

f:id:ropross:20150807095422j:plain

f:id:ropross:20150807095428j:plain

日が暮れて温泉街にガス灯が灯ると、ますます情緒的な雰囲気に

f:id:ropross:20150807095445j:plain

宿の夕食

鯉の甘露煮とか鴨ローストとか滝川豆腐とか鯉の洗いとかエイの煮付けとか

f:id:ropross:20150807095451j:plain

尾花沢牛と庄内豚のしゃぶしゃぶ

高い肉はうめえなあ

f:id:ropross:20150807095459j:plain

自然薯蕎麦

やっぱり山形といったら蕎麦だね

f:id:ropross:20150807095505j:plain

鱈どんがら汁。嬉しいことに白子まで入ってるー

歴史ある名建築の宿ってことで、正直食事は期待してなかったんだけど

想像以上に美味しくて満足

f:id:ropross:20150807095511j:plain

部屋から眺める夜の温泉街

f:id:ropross:20150807095524j:plain

夕食後にまたまた温泉街に出ることに

この他にはない雰囲気はたっぷりと味わっとかないとね

f:id:ropross:20150807095517j:plain

f:id:ropross:20150807095531j:plain

これまでに日本各地の温泉街を歩いてきたけれど

風情ではこの銀山温泉が一番だなぁ

f:id:ropross:20150807095544j:plain

f:id:ropross:20150807095557j:plain

f:id:ropross:20150807095606j:plain

f:id:ropross:20150807095618j:plain

f:id:ropross:20150807095624j:plain

貸切の洞窟風呂

こちらのお湯には白い湯の花がたくさん舞ってる

2月19日(8日目)

f:id:ropross:20150807095649j:plain

宿の朝ごはん

品揃えが多く、ウグイの唐揚げや「かのか」というキノコなど

ちょっと珍しいものが出るのが嬉しい

f:id:ropross:20150807095654j:plain

この旅行2度目の温玉ごはん!

f:id:ropross:20150807095636j:plain

温泉街で買ってきたスイカサイダーとさくらんぼサイダー

この手のご当地サイダーは、ほとんど美味しかった試しがないんだけど

ついつい買ってしまう

f:id:ropross:20150807095702j:plain

宿をチェックアウト。荷物を預かってもらって、もうちょっと温泉街を散策

宿泊した「能登屋旅館」を正面から見上げてみる

手前には赤い欄干の橋がかかり、「千と千尋の神隠し」の湯屋を思わせるような風情

f:id:ropross:20150807095706j:plain

鮮やかな鏝(コテ)絵が見事な「古山閣」

こっちも「能登屋旅館」劣らない貫禄

f:id:ropross:20150807095708j:plain

温泉街の奥にある白銀の滝

f:id:ropross:20150807095711j:plain

今年は雪が少なめだったらしい

もっと積もってたら、さらにいい雰囲気だったかも

f:id:ropross:20150807095714j:plain

さようなら銀山温泉

絶対また来るよー

 さらに続きます!

冬の東北旅行、この後も蔵王温泉に泊まったり、樹氷を見たり、かみのやま温泉に泊まったりと、まだまだ続くので、この記事も「その3」に続きます!