読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロプログはてな支部

旅先で撮ってきた写真を貼っていくよ

暑いので冬の東北旅行で撮ってきた写真を貼ってくよ その3

写真 旅行記

f:id:ropross:20150809133722j:plain

冬の東北旅行で撮ってきた写真を見て、暑さを少しでも忘れようという記事の続きです。

今回は、銀山温泉を出たあと、蔵王温泉に泊まり、樹氷を見て、かみのやま温泉の「古窯」に泊まり、かみのやま温泉を散策し、仙台からフェリーに乗って苫小牧に帰るまでの写真を貼っていきたいと思います。

f:id:ropross:20150809133649j:plain

天童市の道の駅に立ち寄り

さすが将棋の駒の産地なだけあって、足湯も駒の形

 

 f:id:ropross:20150809133650j:plain

「湯のまち天童 あなたの旅に王手」

意味がわからない

f:id:ropross:20150809133651j:plain

山形市内の「山形一寸亭」で、山形名物だという「冷たい肉そば」をいただく

鶏出汁の効いたつゆにコシの強い蕎麦が入っていて、

その上に細かい鶏肉がのってる

ぬぬ!これ美味いな!かなり気に入った

f:id:ropross:20150809133652j:plain

さらに山形市の街中にある「おやつ屋さん」で、山形名物のどんどん焼きをいただく

お好み焼きのような生地を、箸にくるくると巻いたもの

うお!なにこれでけえ!前にスーパーで買ったやつの倍以上ある

この大きさで280円(チーズ入り)はかなりお得だね

f:id:ropross:20150809133738j:plain

この日の宿は蔵王温泉の「五感の湯つるや」

f:id:ropross:20150809133653j:plain

部屋は広縁なしのシンプルな和室

f:id:ropross:20150809133714j:plain

窓からは蔵王の山々を望むことができる

f:id:ropross:20150809133654j:plain

さっそく温泉へ

濃い硫化水素臭がする薄く白濁した強酸性の硫黄泉

やっぱ蔵王のお湯はいいねー

f:id:ropross:20150809133655j:plain

露天風呂は小さめだけど、雪見風呂が楽しめる

f:id:ropross:20150809133711j:plain

夜は樹氷のライトアップを見るためにロープウェイに乗りにいく

f:id:ropross:20150809133656j:plain

ゴンドラが来た

f:id:ropross:20150809133657j:plain

暗闇のなかの空中散歩

f:id:ropross:20150809133710j:plain

樹氷高原駅で一旦ロープウェイを降りて乗り換え

駅の周辺には「樹氷高原」って言うほど樹氷はない

f:id:ropross:20150809133658j:plain

あ、数は少ないけど、ライトアップされた樹氷があった

f:id:ropross:20150809133659j:plain

先程よりも小さめのサイズのゴンドラに乗り込む

f:id:ropross:20150809133700j:plain

駅と駅の間はほとんど真っ暗闇なんだけど、一部だけライトアップされている区間があって

ロープウェイの窓からも明かりに照らされる樹氷が見える

f:id:ropross:20150809133705j:plain

終点の地蔵山頂駅に到着

f:id:ropross:20150809133706j:plain

外の気温はマイナス6.4℃

まあ、我々北海道民にとってはどうってことない気温

f:id:ropross:20150809133704j:plain

駅のすぐ横に広がる樹氷原がライトに浮かび上がる

f:id:ropross:20150809133702j:plain

雪国に暮らしていて雪景色は見慣れてるけど、

これは見たことないような異様な光景

f:id:ropross:20150809133703j:plain

「スノーモンスター」と呼ばれるのがよくわかる造形

f:id:ropross:20150809133707j:plain

f:id:ropross:20150809133701j:plain

駅の建物の上から、カラフルなライトで樹氷原を照らしてる

f:id:ropross:20150809133708j:plain

f:id:ropross:20150809133709j:plain

奇景を堪能したところで、下りのロープウェイに乗り込み下山する

2月20日(9日目)

f:id:ropross:20150809133713j:plain

朝、宿の窓から。なかなかいい天気

f:id:ropross:20150809133712j:plain

貸切風呂に入る

檜の湯船にとうとうと注がれる濁り湯

これぞ正しい温泉だよなー

f:id:ropross:20150809133734j:plain

今日もロープウェイに乗って樹氷を見に行く

f:id:ropross:20150809133715j:plain

昨夜と違ってロープウェイ乗り場はスキー・スノボ客もいるので大行列

40分くらい並んでようやくゴンドラに乗れた

f:id:ropross:20150809133716j:plain

ぐんぐん高度を上げていく

f:id:ropross:20150809133719j:plain

f:id:ropross:20150809133718j:plain

f:id:ropross:20150809133720j:plain

眼下には絶景が広がっていく

樹氷見る前から、こんな素晴らしい景観を見れるとは得した気分

f:id:ropross:20150809133721j:plain

樹氷高原駅で乗り換え

昨日は真っ暗で見えなかったけど、下には一面の樹氷原が広がってる

f:id:ropross:20150809133722j:plain

おー

f:id:ropross:20150809133723j:plain

うおー

f:id:ropross:20150809133724j:plain

こりゃすごいな!

f:id:ropross:20150809133726j:plain

f:id:ropross:20150809133730j:plain

地蔵山頂駅に到着

f:id:ropross:20150809133727j:plain

青空は悪くなってきちゃったけど、山いっぱいに広がる樹氷が見える

f:id:ropross:20150809133729j:plain

お地蔵さんが雪に首まで埋まっとるー!

f:id:ropross:20150809133731j:plain

青空が出るのを待っていたら、どんどん天気が悪化していき、

ついには目の前にある樹氷くらいしか見えなくなってしまった

f:id:ropross:20150809133733j:plain

しばらく待っても天気が好転する兆しが見えないので、下山することに

f:id:ropross:20150809133735j:plain

温泉街に戻り「ろばた」でジンギスカンをいただく

蔵王ジンギスカン発祥の地との説もあるんだとか

うむうむ、北海道民も納得の美味しさ

 

ここは宿泊することもでき、以前泊まったことがあるんだけど

夕食も朝食も素晴らしいのでお勧め

1泊2食1万円以下でこれ以上の料理を出してくれる宿はなかなかないよ

f:id:ropross:20150809133736j:plain

次は「蔵王国際ホテル」で日帰り入浴

ロビーには外国人の団体客が溢れ、あまり泊まりたいと思うようなホテルではないけど、

温泉は素晴らしい

総木造りの内湯もいいし、雪に囲まれた露天風呂も風情満点

f:id:ropross:20150809133737j:plain

湯口に硫黄成分が付着して、黄色いドームみたいになってる

すごいな、これ

f:id:ropross:20150809133758j:plain

蔵王から下界に下りて、かみのやま温泉

この日は名旅館として知られる「古窯」に宿泊する

こんな見上げるようなデカい旅館に泊まるのは久しぶり

f:id:ropross:20150809133739j:plain

部屋は12畳分もある広々とした和室に、4畳半の別の間まで付いてる

ほー、想像以上にいい部屋だねー

f:id:ropross:20150809133740j:plain

窓からは蔵王連峰の雄大な眺めが

おー、これまた良い

部屋からの眺めでは、これまでに泊まった宿のなかでも指折りかも

f:id:ropross:20150809133741j:plain

まだ時間が早いうちに温泉へ

大浴場は1階と8階の2ヶ所にあって、男女入替え制になってる

この時間は男性が8階の展望台浴場だった

大規模な旅館だけあって、浴場もかなり広い

だけどやっぱりお湯は循環・塩素消毒だった

名湯の多い東北で掛け流しじゃない温泉に入ることって

ほとんどないんだけどなぁ

f:id:ropross:20150809133742j:plain

しかし、開放的な露天風呂からの眺めは抜群!

f:id:ropross:20150809133743j:plain

お湯がダメでもこの眺めがあるならいいわー

f:id:ropross:20150809133744j:plain

夕刻になると夕陽が蔵王の山々を赤く染め始める

f:id:ropross:20150809133745j:plain

美しい

宿の部屋からこの眺めを楽しめるってのは、かなりポイント高い

f:id:ropross:20150809133749j:plain

日が暮れて街に明りが灯り始めた

薄明に白い山々が浮かび上がる

f:id:ropross:20150809133748j:plain

昨夜行ったロープウェイの駅の明りも見えてる

ここからはっきり見えるってことは、向こうも晴れてるんだろうな

昨日は結構吹雪いてたのにー

f:id:ropross:20150809133746j:plain

蔵王で買ってきた名物の稲花餅(いがもち)

笹の葉の上にこしあんの入った可愛らしいお餅が3つのってる

f:id:ropross:20150809133750j:plain

夕食は食事処で

大きな旅館なんだけど、団体客とは同じにならないよう配慮してくれてるみたい

おお!いきなり高そうな肉が!肉が! 

f:id:ropross:20150809133751j:plain

小鉢の料理もどれもお上品

f:id:ropross:20150809133753j:plain

ふぐ・大根・サクランボの酢漬けのお寿司

サクランボの寿司なんて初めて食べた

f:id:ropross:20150809133754j:plain

山形名物の芋煮

里芋は大の苦手なんだけど、何故か山形の芋煮は食べられる不思議

f:id:ropross:20150809133752j:plain

そしてメインのA5ランク米沢牛のすきやき!

ごま味噌だれで煮て、温泉卵をつけていただく

うはー、これは旨すぎておもわず笑ってしまうー

 

正直、ツアー客や団体客も受け入れる大規模な旅館なので、

食事はそれほど期待してなかったんだけど

さすがに長く高評価を受け続ける旅館だけあって、かなり満足度高かった

あと、食事を担当してくれた女の子がちょっと能年玲奈っぽくて、なまらめんこかった

f:id:ropross:20150809133755j:plain

食事を終えて部屋に戻ると、サービスのフルーツを持ってきてくれた

こういうちょっとした心遣いで、宿の評価ってぐんと上がるよね

2月21日(10日目)

f:id:ropross:20150809133757j:plain

翌朝は1階の大浴場へ

f:id:ropross:20150809133756j:plain

木造りの丸い湯船や、船の形をした湯船があった

f:id:ropross:20150809133800j:plain

朝食はバイキング

f:id:ropross:20150809133759j:plain

山形名物のだしがあった

これキュウリがメインのくせに、結構美味いんよねー

f:id:ropross:20150809133802j:plain

温泉宿の朝食バイキングのカレーって何故か食べてしまう

カレーの魔力恐るべし

f:id:ropross:20150809133801j:plain

もちろん温玉ごはんも食べる!

ま、結局これさえあれば温泉宿の朝食は満足する気がする

f:id:ropross:20150809133803j:plain

旅行の最後を飾るにふさわしい、いい天気

 

大規模な旅館って、団体客がうるさかったり、食事がありきたりだったり、

温泉も情緒に欠けたりと、あまりいいイメージがなく、

めったに泊まることはないんだけど、

この「古窯」のようにいい宿もあるんだと再発見できたのは良かった

f:id:ropross:20150809133804j:plain

雪原にそびえ立つ超高層マンション

これが山形県最高層の建築物「スカイタワー41」だ!

f:id:ropross:20150809133805j:plain

真下まで行って見上げてみると、高え、めちゃくちゃ高え

高さ134mもあるんだとか

前の写真のように角度によっては田んぼの真ん中にポツリと

建ってるように見えるんで、ネットでよくネタにされてるけど、

周りはそれなりの住宅地だった

や、それでも凄い違和感あることには変わりないけど

f:id:ropross:20150809133806j:plain

続いては上山城へ

復元天守の中はかなり充実した展示館になってる

f:id:ropross:20150809133808j:plain

上山城天守の最上階から望む上山の市街と蔵王連峰

蔵王のほうもキレイに晴れてる

今日行ったら樹氷原もキレイに見えたのになぁ

f:id:ropross:20150809133809j:plain

上山に配流された沢庵禅師が住んでいたという春雨庵

禅師を慕う近隣の農民がたくさんの大根をもってきてくれたんだけど

食べきれないので干して糠につけたのが、タクアン漬けの始まりなんだとか

なるほど、勉強になった

f:id:ropross:20150809133810j:plain

かみのやま温泉にはいくつかの共同浴場がある

いい雰囲気の温泉街があるわけではないけど、点在する共同浴場を巡るのも楽しい

f:id:ropross:20150809133811j:plain

丸い湯船の新湯共同浴場

壁には温泉を発見したと言われる鶴が描かれている

はふー、こういう昔ながらの共同浴場はいいねー

f:id:ropross:20150809133812j:plain

この味のある建物が、かみのやま温泉のシンボル、下大湯公衆浴場

f:id:ropross:20150809133813j:plain

入口もカッコいい

f:id:ropross:20150809133818j:plain

浴室の壁には蔵王の御釜と上山城が描かれていた

ここもまた古い共同浴場らしく素晴らしい雰囲気

f:id:ropross:20150809133815j:plain

足湯には地元の高校生のカップルが

いろんな意味で羨ましい

ちくしょう、なんかちくしょう

f:id:ropross:20150809133816j:plain

上山には4軒の武家屋敷が残されてる

f:id:ropross:20150809133817j:plain

そんなに時間もないので、ささっと外観だけ見学

f:id:ropross:20150809133819j:plain

山形を離れる前にもう一度食べたいと思い、山形市内の「カシワヤ」で

どんどん焼きを食べた

生地がふわもちで美味しい!

f:id:ropross:20150809133820j:plain

山形市の中心部へとクルマを走らせる

前方に巨大なビルが見えてきた

f:id:ropross:20150809133821j:plain

先程見に行った「スカイタワー41」と並ぶ高層ビル「霞城セントラル」

「スカイタワー41」と違って街のど真ん中にあるので、あれほどの違和感はない

f:id:ropross:20150809133823j:plain

最上階の24階にある展望ロビーは無料なので登ってみる

おお、山形の街から、蔵王をはじめとした山々までを一望!

美しい山々が見えるのはいい街だ

f:id:ropross:20150809133824j:plain

ビルの足元にある山形駅を見下ろすこともできる

山形新幹線の「とれいゆつばさ」が入線してるのが見えた

車内に足湯があるやつだな、いつか乗ってみたい

f:id:ropross:20150809133825j:plain

f:id:ropross:20150809133826j:plain

f:id:ropross:20150809133828j:plain

ビルの1階には芋煮鍋のベンチがあった

さすが山形

f:id:ropross:20150809133829j:plain

山形県の農産物をPRするためのゆるキャラ、ペロリン

もう全てにやる気が感じられない

f:id:ropross:20150809133830j:plain

山形から仙台まで一気に移動し、仙台港から苫小牧行きのフェリーに乗り込む

行きは新日本海フェリーだったけど、帰りは太平洋フェリー

こっちの船舶のほうが新しくてゴージャス

f:id:ropross:20150809133831j:plain

部屋はツインルーム

フェリーで個室に泊まるの初めて

狭いビジネスホテルみたいな感じだけど、なかなか居心地はいい

f:id:ropross:20150809133832j:plain

出航前に甲板に出てみる

この雰囲気がたまらなくいいんだよねー

f:id:ropross:20150809133833j:plain

出航!

さようなら東北、ありがとう東北、また来るよー

f:id:ropross:20150809133834j:plain

船内では、トランペットとピアノのコンサートやってた

f:id:ropross:20150809133835j:plain

ちょっとだけ豪華クルーズ気分

f:id:ropross:20150809133836j:plain

翌朝、苫小牧港に到着

ただいま北海道

というわけで

今年2月に行った11日間の旅行の写真を貼っていきました。

少しは涼を感じていただけたでしょうか?

冬祭りに雪景色、雪見の露天風呂と魅力に溢れた冬の東北。

毎年訪れたいくらいですね。

ところで

この記事、写真100枚くらい貼ったんだけど、見るほうにとっては長すぎるかな?

分割したほうがいいのかなぁ?