読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロプログはてな支部

旅先で撮ってきた写真を貼っていくよ

姫路城に行ったり、有馬の高級リゾートホテルに泊まったりしたときのこと

旅行から帰ってきたらすぐに、ごく簡単にでもこのブログに旅の様子を書き留めておきたいなと思ってるんですが、何故か後回しになってしまうんですよね。

ということで、10月上旬に行った関西旅行の続きです。

前の記事では城崎温泉天橋立へ行ったときのことを書きましたが、今回はその後、姫路城や有馬や六甲山へ行ったときのことを書こうと思います。

「柊」であなご尽くし

f:id:ropross:20151030120500j:plain

姫路に着いてまずは昼食。

姫路と言ったらあなごらしいので、あなご料理店「柊」で、あなご尽くし御膳をいただきました。

焼きあなご、蒸しあなご、酢の物、山椒煮、あなごの出汁巻きなど。あなごのお刺身って初めて食べた。一番美味しかったのは天ぷらかなー。

世界遺産、姫路城

f:id:ropross:20151030120501j:plain

駐車場にクルマを停めて、そして今年大修理を終えた世界文化遺産、姫路城へ。

うーん、あいにくのお天気で一面灰色の空。青空をバックにお城を撮りたかったんだけど。

f:id:ropross:20151030120504j:plain

入城口でお金を払ってお城の中へ。1000円は高いよなぁ。

f:id:ropross:20151030120503j:plain

現存する12天守の中でも、最大の規模を誇るのが、この姫路城の天守。見とれてしまうほどに壮麗で実に美しい。おおお、かっけー!

再建されたものも含めていろんな天守を見てきたけど、これほど優美な姿を見せてくれるお城って他にはないと思う。

さすが世界遺産&国宝は伊達じゃないな。

f:id:ropross:20151030120505j:plain

天守を西側から見上げたところ。

天守を守るように、西小天守と乾小天守が並んでいます。

f:id:ropross:20151030120508j:plain

平日だというのに、大天守の中は人の山。

上階へと登る階段は狭く、入場制限もかかっているようなので、ずらっと行列が続いてます。

これ、休日や花見の時期はどんなことになるんやろか・・・

f:id:ropross:20151030120507j:plain

1階1階、ゆっくりと登っていきます。

f:id:ropross:20151030120512j:plain

ようやく最上階の6階へ。大天守の入口からここまで30分くらいかかった。

最上階には長壁神社がありました。

f:id:ropross:20151030120509j:plain

展望スペースや大きな窓が設けられているわけじゃないので、周囲の風景を一望!ってわけにはいかないんだけど、狭い窓から外の風景を眺めることができます。

f:id:ropross:20151030120510j:plain

三の丸広場から駅の方まで見える。

f:id:ropross:20151030120511j:plain

姫路城のシャチホコは全て口を閉じている吽形らしい。

f:id:ropross:20151030120513j:plain

外に出て、また違う角度から天守を眺めます。

どの角度から見ても絵になるねー。

f:id:ropross:20151030120514j:plain

播州皿屋敷」でお菊さんが投げ込まれたという井戸があった。

f:id:ropross:20151030120515j:plain

西の丸へ。ここから見る姫路城が最も美しいと言われているらしい。

f:id:ropross:20151030120516j:plain

確かにいい角度。背景が青空だったらもっと映えたのになぁ。残念。

f:id:ropross:20151030120518j:plain

西の丸の奥に伸びる長局。

「百間廊下」と呼ばれるとおり、内部には長い廊下が続いています。

f:id:ropross:20151030120519j:plain

最後に三国堀越しの天守を眺めて、姫路城を後にします。

好古園

続いては姫路城に隣接する日本庭園、好古園へ。

f:id:ropross:20151030120523j:plain

園内はいくつかの区画に分かれていて、松の庭・竹の庭・花の庭など、それぞれ趣の異なった庭園が設えられています。

f:id:ropross:20151030120521j:plain

XIV有馬離宮

姫路を離れて有馬へと向かいます。

この日の宿泊は会員制の高級リゾートホテル「XIV有馬離宮」。

と言っても、私が会員権を持っているはずもないんだけど、とあるコネがあって宿泊できることになりました。うむ、やっぱり世の中コネやね。

f:id:ropross:20151030120544j:plain

なんか「こんなところ泊まってもいいの?」と庶民を怯ませるような威圧感がある外観。

そもそも「離宮」という名前からしてお高く止まってる。

f:id:ropross:20151030120527j:plain

チェックインを済ませて部屋に案内してもらいます。

ふおっ!?なんやこの部屋・・・

世の中のお金持ちはこんなところに泊まってるのか。

これだけゴージャスだと、なんだか落ち着かないな・・・

f:id:ropross:20151030120525j:plain

ベッドルームもこんなのが二部屋あった。

二人で泊まるってのに、広すぎにもほどがあるやろ・・・

f:id:ropross:20151030120526j:plain

バスルームも高級感たっぷり。

アメニティもよくわかんないけどいいものだったらしい。

f:id:ropross:20151030120524j:plain

ベランダに出ると、有馬の温泉街を一望することができます。

f:id:ropross:20151030120543j:plain

パティオもなにやら宮殿みたいな感じ。

f:id:ropross:20151030120542j:plain

パティオの周りを囲む回廊。バレエダンサーとか踊ってそう。

中国料理 翠陽

夕食はホテル内のチャイニーズレストラン「翠陽」でコース料理をいただきます。

f:id:ropross:20151030120528j:plain

前菜の盛り合わせ。

f:id:ropross:20151030120529j:plain

蟹肉入りふかひれスープ。

f:id:ropross:20151030120530j:plain

蟹爪の揚げ物と揚げ餅。

f:id:ropross:20151030120531j:plain

海老チリと蒸しパン。

f:id:ropross:20151030120532j:plain

牛ヒレ肉のオイスターソース炒め。

f:id:ropross:20151030120533j:plain

海老の蒸餃子と帆立の蒸餃子と海老のシュウマイ。

f:id:ropross:20151030120534j:plain

麻婆豆腐。

f:id:ropross:20151030120535j:plain

デザートはチーズムースとカスタードパイ。

 

「リゾートホテルのレストランだし、高級って言っても、そこまでたいしたことないやろ」、なんて思ってたんだけど、前菜からデザートまで、どれもこれもが目を見張るほど素晴らしく美味かった。ふむー、満足満足。

夜のホテル

夕食後、夜のホテル内を散策。

f:id:ropross:20151030120536j:plain

パティオはライトアップされ、ミストがプシューって出てる。なにこの世界。

f:id:ropross:20151030120537j:plain

ロビーも高級感溢れまくり。

他のお客さんはセレブ感漂う上流階級の方々ばかりかと思ってたら、意外と私達と同じような庶民的な雰囲気の人も多い。

企業が社員の福利厚生のために会員権を保有してたりするらしい。

なるほど、場違いなんじゃないかと心配してたけどホッとした。

f:id:ropross:20151030120538j:plain

部屋から見た有馬温泉の夜景。

今度はあっちの温泉街の宿にも泊まってみたい。

温泉

一応、このホテルにも温泉大浴場があるんだけど、有馬にあるのに別のところか汲み湯したものを使ってるんだとか。

有馬温泉の金泉・銀泉のように、透明と茶褐色の二種類のお湯があったんだけど、もうこれがめちゃくちゃ塩素臭くて許し難いレベル。これなら無理に温泉にしなくても、普通のお湯でも良かったように思う。

山々を一望する露天風呂からの眺めは良かったんだけどね。

朝食

翌朝の朝食は和食を選びました。

f:id:ropross:20151030120541j:plain

緑の山々を望む開放的なレストラン。

f:id:ropross:20151030120539j:plain

メニューには特別に珍しい一品があるわけじゃないけど、どの品も丁寧に味付けされていて、しっかり美味しい。

 六甲山牧場

一夜のセレブ気分を味わった後は、六甲山牧場へ。

f:id:ropross:20151030120549j:plain

広い敷地には、ヒツジやヤギやウサギやウマがたくさん飼育されています。

ヒツジは放し飼いになってるので、もっこもこの毛皮に手を埋めることができたりします。あったけー。

f:id:ropross:20151030120547j:plain

ふこふこして気持ちいいのか、ヒツジにすりすりするヤギ。

ヒツジもまんざらでもなさそうだし、きっと仲良しなんだと思う。

f:id:ropross:20151030120548j:plain

エサの時間なのかわからないけど、どやどやと一斉に移動してくるヒツジたち。

f:id:ropross:20151030120550j:plain

イケメンなウマ。

f:id:ropross:20151030120551j:plain

ヤギにエサをあげます。目付き怖いな。

f:id:ropross:20151030120553j:plain

牧場の敷地内にある「Q・B・Bチーズ館」で、チーズフォンデュをいただきました。

f:id:ropross:20151030120554j:plain

一人2880円と結構お高めだけど美味しい。

摩耶山 掬星台

日本三大夜景のひとつとしても知られる、摩耶山の掬星台へ。まだ昼だけど。

f:id:ropross:20151030120600j:plain

神戸から大阪の街を一望するパノラマを見渡すことができます。ほほう、これは壮観!

f:id:ropross:20151030120557j:plain

ちょっと霞んでるけど、メリケンパークやハーバーランドのほうも見える。

ちょうど豪華客船が入港してきた。

おまけの猫

f:id:ropross:20151030120555j:plain

おや?そっくりな二匹の猫ちゃんがいる。きょうだいかな?

f:id:ropross:20151030120603j:plain

お、仲良しだねー。

f:id:ropross:20151030120605j:plain

おー、いい表情してるねー、いいよー。

f:id:ropross:20151030120602j:plain

おやすみなさい。

というわけで

今回はいつもの二人旅と違って同行者がいたので、あまり自由に動くことができず、せっかく有馬に行ったのに温泉に入れなかったってのは、ちょっと残念でした。

高級リゾートホテルもたまにはいいんだけど、やっぱり有馬に行くなら名湯を味わいたいよね。また来よう。