読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロプログはてな支部

旅先で撮ってきた写真を貼っていくよ

利尻島ヘ行ってきたので写真を貼っていくよ 前編(姫沼、オタトマリ沼、夕日ヶ丘展望台)

写真 旅行記

7月の上旬に、北海道の最北部に浮かぶ二つの島、利尻島礼文島を旅してきました。

今回は秀峰、利尻富士利尻山)があることで知られる、利尻島で撮ってきた写真を貼っていきたいと思います。

フェリーに乗って利尻島

f:id:ropross:20160806132720j:plain

私たちを利尻島へと運んでくれるフェリー「サイプリア宗谷」。

利尻に渡るのはもう10年以上ぶりなんだけど、フェリーも新しくなってる。

今回は島内で自由に動きたいので、車も一緒に持っていくことにした。

f:id:ropross:20160806132721j:plain

フェリーから見る稚内のシンボル、防波堤ドーム。

 

f:id:ropross:20160806132722j:plain

稚内を出航して1時間半くらい。利尻富士の姿が大きく見えてきた。

これほど見事な秀峰が海に浮かんでいるという風景は、なかなか他では見られない。

f:id:ropross:20160806132723j:plain

雲も少なく、その雄大かつ秀麗な姿がくっきり見えている。

姫沼

f:id:ropross:20160806132724j:plain

上陸してからさっそく島内をドライブ。まずは姫沼展望台へ。

ぽっこり突き出したペシ岬や、その向こうに横たわる礼文島を望むことができる。

めちゃいい天気で海もきれい!

f:id:ropross:20160806132725j:plain

森に囲まれた姫沼から望む利尻富士

少し風があるので、水面がざわざわと波立ってる。

f:id:ropross:20160806132726j:plain

姫沼には周りをぐるりと15分ほどで一周できる木道が整備されているので、てくてくと散策。

f:id:ropross:20160806132728j:plain

こういう木々に囲まれた小さくて静かな湖沼っていいよね。

f:id:ropross:20160806132727j:plain

姫沼の畔に佇んでいたダイサギ。白い羽がまるでドレスのように美しい。

これ105mmで撮ってるんだけど、サギにこんなに近づけたのって初めてかも。

島の鳥はあんまり警戒心ないのかな?

f:id:ropross:20160806132730j:plain

水面の波が少し治まって、一応逆さ富士も見れた。

f:id:ropross:20160806132729j:plain

この季節、姫沼の周りにはさまざまな野の花が咲いている。

これはヨツバヒヨドリの花。

オタトマリ沼

f:id:ropross:20160806132731j:plain

続いて、島の南東部に位置するオタトマリ沼へ。

先程の姫沼よりも広くて開放的な雰囲気。

こちらでも逆さ富士が期待できるんだけど、やっぱり少し波があるので、山の姿がはっきりとは映らない。

f:id:ropross:20160806132732j:plain

オタトマリ沼にも一周できる遊歩道があるので、ぐるっと歩く。

こちらから見ると水面は静かで、周囲の林もくっきり映ってるんだけどなぁ。

f:id:ropross:20160806132733j:plain

利尻富士は南側から見たほうが、ギザギザしていて荒々しい印象。

夕日ヶ丘展望台

f:id:ropross:20160806132734j:plain

島に渡ったその日の夕刻。夕陽を見るために、島の北部にある「夕日ヶ丘展望台」へ。

f:id:ropross:20160806132735j:plain

海に突き出した丘へと登って行くと、西の方向の風景が開けていく。

f:id:ropross:20160806132736j:plain

丘の頂上の展望台からの眺め。雲の下から夕陽が姿を現した。

右手には帽子のような形のポンモシリ島が、その奥には平たく横たわる礼文島が見えている。

f:id:ropross:20160806132737j:plain

後ろを振り返ると、利尻富士やペシ岬、鴛泊の街を一望。

f:id:ropross:20160806132738j:plain

海の上にキラキラと描き出された光の道。

f:id:ropross:20160806132739j:plain

f:id:ropross:20160806132740j:plain

f:id:ropross:20160806132741j:plain

礼文島の向こうに沈んでゆく夕陽。

f:id:ropross:20160806132742j:plain

何度も歓声を上げてしまうような美しい光景。

f:id:ropross:20160806132743j:plain

夕陽を見ようと集まった人達も、言葉にならないような感動的なシーンをただただ見入ってる。

f:id:ropross:20160806132744j:plain

海峡を朱く染めながら、礼文の島影へと隠れていく夕陽。

f:id:ropross:20160806132746j:plain

あー、沈んじゃう。

f:id:ropross:20160806132745j:plain

利尻富士もほんのりと朱く染まっている。

f:id:ropross:20160806132747j:plain

f:id:ropross:20160806132748j:plain

夕陽は沈んでしまっても、夕焼けはこれからが本番。

この日はほどよく雲が出ていたので、空一面が茜色に染まる実に印象的な夕景を見せてくれた。

f:id:ropross:20160806132749j:plain

放射状に伸びていく不思議な雲。

この夕日ヶ丘展望台には50分くらいいたけど、刻々と表情を変えてゆく見事な風景には魅入られっぱなしだった。

島に渡った初日から、これほどまでに素晴らしい夕陽を見れるとはツイてる!

おまけ:うにめし丼とほたてカレー

f:id:ropross:20160806132750j:plain

鴛泊のフェリーターミナル2Fにある「食堂丸善」で食べたうにめし丼。

「全国ご当地どんぶり選手権」(そんなのあるんだw)で2年連続グランプリを受賞したという逸品。

利尻昆布の出汁とウニの煮汁で炊き込んだご飯に、ウニとイクラがたっぷり乗っているという、ビジュアルもたまらない。

ウニと昆布の旨味が詰まったご飯がもう素晴らしく美味しい!!

f:id:ropross:20160806132751j:plain

鴛泊の喫茶店「グランスポット」でいただいたホタテカレー。

ゴロリと大きなホタテのフライが5つものっている。おー、これは豪勢!

カレーもしっかりスパイスの味わいが効いて実に旨い!

というわけで

利尻島には2泊したのですが、今回はその1日目に撮った写真を貼っていきました。

さて、次回は富士野園地、南浜湿原、仙法志御崎公園などを巡った、利尻島の2日目と3日目の写真をお届けしていきたいと思います。

ではでは!

関連記事